金銀投資作戦参謀本部Ⅲ

金銀投資、政治・歴史問題を独自の視点で描くブログ (※Ⅰ&Ⅱの記事は別ブログ「戦闘記録書庫」で読めます。) 火病持ちは閲覧をご遠慮下さい。

英語化で日本の長期的国力は堕ちるに賛成

日本語には、『言霊』という言葉があります。

日本の繁栄を支えてきたのは、日本人の徹底的な繊細さ、完璧主義、そして思いやり。 このような民族的特質が日本の繁栄を支えてきたのは、間違いありません。

日本では細部に霊が、神が宿るのです。

英語には細部に霊は宿りません。

木洩日、細雪、五月雨、時雨、十六夜....このような日本語を思い出しただけでも、分かりませんか?

英語には存在しないのです。

日本の繁栄を支えてきたのが、繊細な感覚を持つ日本人の特質を生かした、細部にまで徹底的にこだわる物造りだったとすれば、それを支えた霊力が失われることになるのです。

根本から消滅するのです。

そして、日本の政治経済を支配するのが、中途半端な英語屋さんになった時に、日本の崩壊は本格的に始まります。

TPPによって、日本の繁栄と、崩壊の種は植えつけられました。 

世界の大潮流からTPP締結は避けられなかった、反対してもどうしようもなかったとは思いますが。

elliott wave、スーパーサイクル第3波の位置を考えてもなるほど、その通りです。

正に世界を支配する真理、理(ことわり)には慄然とさせられます。

我々が死んだ後で、果たして日本の子孫達は繁栄を続けられるでしょうか? 

ちなみに、日本語が第二言語に追いやられたことは、日本史上一度もありませんでした。



http://news.mynavi.jp/articles/2015/11/26/tppeigoka/

ついに大筋合意に至ったTPP(環太平洋経済連携協定)。だが、農業関係者だけでなく、じつは多くの人々が警鐘を鳴らしてきた。その中で、国民の分断を心配する声があがっている。TPPが日本社会の英語化を加速し、その結果、日本国民が「英語階級」「日本語階級」のふたつに分断される危険性がある――。そう指摘するのが、九州大学大学院比較社会文化研究院准教授で、『英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)』(集英社新書、760円+税)を上梓した施 光恒(せ てるひさ)氏だ。なぜTPPは危険なのか、なぜ英語化が進展することで日本国民が分断されるのか、施氏にインタビューした。

(中略)

――TPPが日本の地域社会、伝統を壊すというお話を伺いましたが、英語ということに関しては、保守、革新も問わず、勉強しなければいけないというような風潮はあると思います。英語が小学校3年生から必修になるという話もありますが、先生が『英語化は愚民化―日本の国力が地に落ちる』をお書きになった理由を教えていただいてもよろしいでしょうか。

この時期に刊行した理由はTPPとも大いに関係があるのです。ヒト・モノ・カネが今まで以上に自由に動き回るようになる、TPPという巨大な経済圏において、実質的な「公用語」は英語です。日本がアメリカに次ぐ2番めの地位を維持するためには、多くの日本人が英語ができないとまずい、と政府は考えたのでしょう。TPP交渉と並行するかのように、政府は英語化を急激に進めてきました。たとえば、小学校で英語が正式教科化され、一流大学の授業も5割を英語化することを目標にすると文科省は言っています。企業でも公用語を英語にするところが増えています。しかし、こうした英語偏重によって、日本社会はおかしくならないのだろうか、と私は危惧します。格差社会化しないだろうか、民主主義は大丈夫なのか、分厚い中産階級がますます損なわれていくのではないか、日本の文化とか学術の発展が阻害されないだろうか。そういう問題意識です。

――そういうことが現実に起きうるのでしょうか。

あくまでもアメリカ主導のもとで日本は生きていくのだという現在の貧困な発想の行き着く先は、そうならざるを得ないでしょうね。

――確かに、TPPによって、公共事業を発注する政府調達も外資系企業に開放するということになるということですが、そうすると英語で仕様書をつくらなければいけなくなるんですね。外資が公共事業を請け負うために、行政の許認可についても英語で対応できるようにということで考えているようです。

――それが英語化を招くわけですね。

外資に対してオープンにしなくてはならない公共事業は国レベルのものだけではありません。国家公務員だけでなく、地方公務員にも英語力が求められるようになるでしょう。それを視野に入れて、教育などの英語化を加速させようということが、一緒に並行して進んできました。英語ネイティブや旧英米植民地の国民には勝てない

――私たち日本人は日本語で物を考えていますが、英語で考えなければいけなくなるということですか。

仕事や教育の現場で、英語を使わなくてはならない場面が増えるのは確実です。「だからこそ、英語教育の推進を」という政策の流れになっているのですが、これは日本の国力という観点から見ると愚策です。普段、母国語である日本語を使って思考をしている日本人が英語で思考を始めたら、大ざっぱな考え方しかできなくなります。母国語を使って思考するのが、人々の力を最大に発揮する鍵なのです。(これは急所を突く慧眼であり、全く正しい)ですから、TPPやグローバル化に対応するために日本の社会を英語化し、日本語での知的生産を止めてしまえば、結果的に、日本は負けてしまうのです。

――英語のネイティブではない日本人は、TPPのような英語優先の経済圏に組み込まれて、日本人が英語でビジネスをしなければならないようになったら、交渉などで勝てるはずはないですね。

そのとおりです。日本国内ですら英語で重要なビジネスをすることになれば、日本は大きな損失を被るでしょう。日本人は結局、英語のネイティブ・スピーカーには勝てません。それだけでなく、現在、日本よりも経済力の弱い、旧植民地である途上国の国々にも負けてしまうかもしれません。彼らは100年以上前から英語を使っているわけですから。

現在、日本国内では日本人が当たり前のように知的に高度な職種についていますが、そうした職業のポジションも、英語を話せる人々に奪われていくと思います。例えば、大学の教員も英語のネイティブ・スピーカーにとってかわられるのではないでしょうか。実際、国立大学では1500人ほど外国人教員を増やす予定です。

――日本人がいくら頑張ったところで、TPPに参加しているマレーシアやシンガポールなど既に英語化している英米の旧植民地の人たちには勝てないでしょうね。

拙著でも指摘したのですが、世界には英語のネイティブ・スピーカー(英米人)を頂点にしたヒエラルキーが厳然として存在します。英米人に次いで、2番目の階層は旧植民地の英語を公用化している国の国民、3番目が英語をあくまで外国語として習い、話す日本人などです。日本人は3層構造の序列の3番めの階層から抜け出すことが難しい。だからこそ、非英語圏の雄である日本は、自国の英語化で世界全体の英語化という不公正な試みに加担するのではなく、各国が母国語で政治や経済を行う多元化の世界秩序作りを目指すべきなのです。(慧眼に敬服します)

英語を話せる「英語階級」と、英語が不得意な「日本語階級」に分断

――言葉ってすごく細かくて繊細なもので、きちんと使うためには相当な修練が必要なわけですよね。

英語で執務する仕事のポジション争いで、英語のネイティブ・スピーカーに勝てる日本人というのはほとんどいないのではないでしょうか。

――こういうことを政府の人たちはわかっているんでしょうか。

認識していないと思います。

――楽天の三木谷さんが社内の英語を公用化したことが先進的な試みとしてとりあげられていますが、そうなると格差社会になるわけですね、結局。同じ日本人でも、英語を話せる「英語階級」の日本人と、英語が不得意な「日本語階級」の日本人とに分断されてしまうでしょう。大多数の日本人は「日本語階級」ですね。今よりもはるかに貧しくなるでしょうし、人生の選択肢も著しく減っていくのではないでしょうか。

――日本は出版物の点数が多く、多数の日本語で出版される書籍が日本人の知的能力を高めているという面があると思います。私も日本語の記事を書いて、それを仕事としていますが、英語は受験で勉強したぐらいで流暢には話せません。そういう人は「日本語階級」になってしまうんでしょうか。そうですね。日本語マーケットがどんどん縮小していくということになるのではないでしょうか。

「TPP=英語化」は、文化とか教育、民主主義に大きく関わる話

――まずいですね。マスメディアの人たちは気づいていないのですかね。自分たちの職がなくなるわけですよね。出版、新聞、放送などがそうですね。もっと気づいてほしいのですが…。大学の英語化が進むと、専門書の出版が日本語でなされなくなります。まず、学術の場から日本語が追い出されるということです。そうすると、時代の先端をいく新しい用語が、日本語のなかに生まれなくなっていき、日本語そのものが衰退していきます。また、市場の大きさという意味でも、世代が変わっていくごとに、縮小していくのではないでしょうか。さらには日本語メディアの質も落ちるでしょう。新聞も、いわゆる高級紙は英語の新聞になって、日本語のメディアはレベルの低いものだと思われるようになるのではないでしょうか。

――民主主義もおかしくなりますね。

政治や経済など重要な事柄を日本語で話せなくなっていくかもしれません。たとえば、TPPの「暫定案文」の全文は、いまだに日本語に翻訳されておらず、国民的議論をしようにもすることができない状況です一部財界の人にとっては、このほうが都合がいいのかもしれないですね。

――デモとかしなくなるということですか。TPPは経済の世界だけなのかと思っていたのですが、文化とか教育、民主主義に大きく関わる話ですね。はい。すべての国民が母国語によって議論に参加できるということが、民主主義の当たり前の条件です。「英語階級」の日本人だけが、日本の政治について議論できるというのは、どう考えてもおかしいでしょう。

――暗澹たる気持ちになってしまいますね。子供に英語を習わせたりしているのですが、そういう背景があるとなると、なんとなく抵抗したくなるというか…。でも、抵抗できないようにするためにTPPがあるわけですよね。日本語で十分豊かな生活ができて、日本語で高い教育が受けられて、日本語で専門職を含む様々な職業に就けるという環境を守るのが国の政策のはずです。ですが、最近、政府がきちんとした機能を果たさなくなってきています。

――誰しも、生まれ育った国の言葉でしゃべりたいということがあるわけで、そこで英語化が進んでしまうと、英語ができる人だけ上に上がってしまうという。次世代の日本のエリートは、英語はそこそこしゃべれるけれども、日本人的な感覚は持っていないのではないでしょうか。小学生のときから語学留学をして、小学校で英語教育が始まると、いい中学に入るために英語が必要になる。小学校のときから留学して英語を身に着けた子どもだけが、中学校、高校、大学と一流と呼ばれるところに進むようになります。

現在すでに文科省の指導で、一流大学といわれるところでは、どこも英語だけで卒業できるコースを作ろうとしています。すべての学部で英語コース、英語だけで卒業できるコースをつくらないと予算削減などの憂き目にあいますので。 エリート層には英語がある程度しゃべれる人たちが増えてきます。ですが、そういう人たちは日本語での思考は怪しいでしょうし、英語も中途半端です。日本人的な常識とか日本人的な感覚を持っていないという"英語エリート"が、10年、20年の間に増えてくるのではないでしょうか。(これです。これ。Kanjiの経験則からも英語屋さんには教養や深い思考ができる人が非常に少ない。恐ろしいことに中途半端な日本人が国家の中枢を引っ張っていくことになるのです)ただ、これは政策の問題です。私にもし子どもがいたら、『英語化は愚民化』などという本を出していても、子どもが将来貧しくなったり、大学で勉強できなくなったりするのは困るので、英語を習わせなくてはいけないと考えてしまうでしょうね。しかし、そのような選択を個人に取らせるようにせまる政策がおかしい。

――私も、そうした矛盾した考えを持ってしまいそうです。

私は、英語学習を否定しているのではありません。英語ができないと豊かになれず、高等教育も受けられないような環境をつくる英語化政策を批判しているのです。TPPも、そういう日本をつくるためのものなので、批判しているわけです。

(後略)


にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
[ 2015/11/27 15:19 ] ・著者の独り言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブロマガ

紹介文:有料情報は今は購入をお控えください。 

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

金銀が上昇するというベクトルに従いたい人以外には役立たずの記事です。
Gold & Silver price
「余命三年時事日記」
※首相官邸へのメール送信を復活しました。
  • 「官邸メール一斉送信先リンク」




  • 「余命三年時事日記」










  • Kanjiの記事にも使わせてもらってますので宣伝協力。
    推薦図書-朝鮮人の本性が理解できる-
    敗戦で中国・朝鮮から引き上げる日本人女性たちを次々に強姦する朝鮮人達。 

    韓国兵がベトナムの女子供を容赦なく強姦・その後虐殺した大量の証拠と証言。 「韓国人は人間じゃない」と何度も何度もつぶやく著者。 必読です。
    検索フォーム
    カテゴリ
    最新トラックバック
    視聴推薦youtube
    ・歴史に残るブータン国王の国会演説
    https://youtu.be/GamBapMjbyY
    日本のマスメディアが完全無視の映像。 日本人必見のyoutube。

    ・日本とパラオ ~歴史を越えた友情
    https://youtu.be/cTRfPNEPR-A
    統治された民族性はこれ程までに特亜とは異なる。

    ・世界が語る神風特別攻撃隊―カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか
    https://youtu.be/buELxe1Wwa4
    神風特攻隊は軍艦に体当たりした。 民間人を巻き込む自爆テロとは全く違う。

    ・大東亜戦争の名言集
    https://youtu.be/Gz8s23-SQG4

    ・Truth of World War II - What did Japan fight for
    https://youtu.be/7ti2K5yStfU

    ■支那・朝鮮人・反日

    ・関東大震災での朝鮮人大虐殺の嘘と朝鮮人による犯罪の証拠の数々
    https://youtu.be/r0bZoEfXl2I
    朝鮮人による強盗殺人・強姦事件が多発していた事実

    ・韓国人によるレイプの歴史
    https://youtu.be/hRYyVLn-8NM
    ロシア人と朝鮮人が多数の日本人女性をレイプしていた証言。

    ・[Annexation Song] 韓国併合の歌
    https://youtu.be/yUelX8kBThk

    金銀投資証券会社リンク
    日本の証券会社で金銀ETF・金鉱株の取引をする為の証券・銀行。


    国内保管金銀ETF(金の果実シリーズ)を取引する一番良い証券会社
    (理由は唯一貸株金利が貰えることと、買付手数料無料キャンペーンを良く行う)
    カブドットコム証券

    海外銘柄の取扱いが豊富で総合的に低コスト証券会社
    (貸株金利も貰える)
    SBI証券

    海外銘柄の取扱いが豊富
    (貸株金利も貰える)
    マネックス証券


    あらゆる証券会社と口座リンクさせる為に必要。
    住信SBIネット銀行
    QRコード
    QR